スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0629-1 ひぐらし考察2


基本的に、
ブログ更新の時間は俺が自分で調整してます。

だって、じゃないと日付ずれちゃうし。

ひぐらし考察2

綿流し編は答えが出てますが、
気になるとこが多いのでその内、考察します。

やはり鬼隠し編で!!

・鷹野三四

親は何を考えて「三四」という名前にしたのか?
いや、こんなん考えてもしゃーないねんけど(汗
「一」「二」に当る兄弟でもいるんだろうか?

なんか適当に考えてみる。

一郎、二郎・・・

ん?

ジロウ?

これか!?

いや、そんなことある訳ないがなw

富竹さんの名前表記が「ジロウ」になってるのが引っ掛かったからちょっとだけ邪推しちゃった(テヘ☆(ふぉんぐしゃ

これあってたら富竹さんと鷹野さんが兄妹に!w
まぁ、彼らが兄妹だとしても推理には関係無いんだがwww

・富竹さん

初登場は圭一が東京に葬式で二日の間、雛見沢を離れて
雛見沢に帰ってきた物語上の二日目、レナとダム現場で宝探しに来ていた圭一が宝探し中のレナを待っていた時。

この日に富竹さんは雛見沢に来たのかな?

そうすると、9日目の夜に東京に帰る、と言ってたのが
なんとなく区切りがいい。1週間の滞在だし。
いや、それがどうした?って話だけど考えてみると

富竹さんは5~6年前から季節毎に

1週間程度、雛見沢を訪れている。


ちなみに2日目から1週間後の9日目の夜ってのは
綿流し祭の日だね、
その夜、綿流し祭が終わった後にみんなとはぐれた圭一と
偶然、遭遇して鷹野さんと共に圭一に過去の事件の話を。

富竹さんは圭一達と別れたすぐ後に
鷹野さんと一緒にいるところを何者かに、
または鷹野さんに襲撃されて異常な死を迎えた。

どちらにしても鷹野さんは
富竹殺害の共犯、または事件に巻き込まれた被害者の一人、と結構重要な位置。

・鷹野さんの死

綿流し祭の夜、富竹と共に圭一と話した後、
隣県の山中で焼死体となって発見される。

この死因、少し気になる。
生きながらにして焼かれたのか、死後に焼かれたのか、

生きながらにして、ならなんらかの特異性があるかね。
普通、死体を焼くのは死亡推定時刻をわかりにくくするのが目的だからね、生きたままに焼く、何か儀式めいた雰囲気だ。

というか、鷹野さんが*された時間帯も気になる。
焼かれてるからわからないけど。

*されたのが圭一と離れてすぐ?
なら富竹さんと共に*された可能性は高い。
でも、そうすると、富竹さんを放置した犯人がわざわざ鷹野さんだけを隣県の山中に捨てる意味がわからない。
しかもドラム缶に詰めて。

*されたのが山から煙が上がっている、
と通報があって発見された時間帯の少し前なら?

富竹さんの死に絡んでいる可能性が大きい。
だって、圭一と離れた後、二人は雛見沢のどこかへ向かって帰っているはずなんだから。

そして、富竹の死後しばらく生きていたなら
鷹野さんが行動できた時間の多さから隣県に・・・
いや、これはないか。
そもそも隣県ってどこだっけ?ちょっと調べてくる。
興宮あたりだっけ?あとで調べておく。

岐阜だった。

というか、
もし通報者、が犯人なら発見して欲しかった、ってことか。

でも、雛見沢に炎で人を焼いて弔う儀式ってあったっけ?
なんの意味も無くは、ちょっと困るねぇ・・・

・二人が*された理由

綿流し編と共通なら祭り中に祭具殿を犯したため。
となると、富竹さん達が圭一にあったのは
祭具殿を調べ終わって帰る途中、ってところか。

そこで、圭一に会ってしばらく話し込む。
この時間が無ければ二人の
*された時間、状況は少し変わっていたかも。

でも、鬼隠し編だと、
滞納演舞の最中(綿流し編だと祭具殿に進入してる最中)に、富竹さんが写真を取っている表現がある。

こっちだと、富竹さんが*された理由がよくわからない・・・
つまり、富竹さんは祭具殿に侵入していないことに。

綿流し編では
圭一達が祭具殿に侵入している間、見張りをしていたことから

鬼隠し編で富竹が祭具殿の鍵だけ開けて、鷹野一人を祭具殿に残して演舞を撮影しに戻ったとは考えにくい。

祭具殿に進入出来るのは人々の関心が演舞に引き寄せられている間だけであることは作中で言われている。

つまり、演舞中のフラッシュが富竹のものならまさに富竹が*されなければならなかった理由が分からない。

考察1でも言ったが、富竹の演舞撮影は5年目が初めてではない、つまり、「神聖な儀式の最中にカメラをバシャバシャやっていた」は富竹の殺害理由にはならないはず。

ちなみに、こうも考えられる。

鬼隠し編の彼らは、綿流し祭の後、
祭具殿に進入しようとしているところを村人に見つかり、襲われたのでは?

だが
数年前から予定が決まっていたはずの毎年のオヤシロさまの祟りの対象が深夜ぎりぎりまで決まってなかった、
ってのはないはず。

富竹さんは5年目の綿流しの晩、
*ぬことは決まっていたようだ。

鷹野さんは偶然、一緒にいたので殺害された可能性もある。
その場合、鷹野さんの焼死体が発見されたのも納得出来る。

本来は一人が*んだら
一人は見つからずに消えなければならないからだ。

・富竹の死因・・・

自分の爪で喉を激しく掻き毟り、死に至る。

極度の興奮状態で角材を振り回しながら、空いた手で
いくつかの爪が剥れるほどに強く。
本来、爪自体は簡単に剥れるが凄まじく痛い
らしいので、普通はありえないらしい。

それに、凄まじく痛い、なら富竹さんは極度の興奮状態から冷静に戻るきっかけになったのでは?

それがないということで俺は

富竹さんは抵抗する力を奪われた後に

自分の爪で喉を引き裂かれた


というのを考えてみた。
これなら薬物の反応は無い。
というか、俺の場合、富竹さんの死因が「未知の薬物」なんてものでは全く推理にならないので除外する。

抵抗する力を奪われた、というのはあくまで仮。
複数人に手足を取り押さえられて・・・というのもあるが、
そんな場合あなたならどうするか?

力一杯の抵抗をするのでは?
何せ相手は自分(富竹)の爪を凶器に富竹を殺害しようとしているのだから。

それにそんな状態だ、極度に興奮するだろう。
角材については犯人が用意したものだと思われる。

ただ、この推理には不安要素がある。
人間に抑えられた状態で暴れていたなら、犯人に多少の接触をしたはずである、物理的な。
例えば爪で引っかくとか。

とりあえず、前回と多少被りながらも色々考えてるのを
まとめてみました。
まだまだ一杯あるから順次上げていきますね。
富竹、鷹野の二人はいろいろ謎が多い。

次は梨花ちゃん、魅音あたりを考察してみよう。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みつる

  • Author:みつる

  • スペック。
    名前→みつる
    年齢→21ちゃい。
    身長→たしか168くらい?
    体重→順調にやせていっています
    血液→A型。すげーOとかだと疑われる
    視力→悪い。
    外見→パンピー^^^^^^
    趣味→音楽鑑賞、妄想。

    質問などはこちらへ↓
    jyuumituruあっとhotmail.co.jp

    アーケードに興味なくなってきたんで
    適当にこっちはダラダラと駄文を垂れ流し。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。