スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0728-1 今更な自己紹介&分析


さてさて、一気にまとめて更新!
とは行きませんが今から更新開始!!

現在31日!
28、29、30、31日の日記を書かなければならない。
まぁ、書くことは一杯あるからおKですよ。


あー、3日もバイト出てないと・・・
性よk・・・じゃねーや、えっと・・・
暇を持て余しちゃいますねぇ(>_< )b グッ

まぁ、何はともあれ、
朝起きて君が望む永遠

遥シナリオ・・・(→携帯だと漢字が出ない(>_<。)。
えーと、遙シナリオ終わりましたよbbbb

とりあえず、
俺の中で遙は萌えを超越しました。

なんか遙シナリオって・・・
水月の印象悪くなりませんか?(笑)

俺の気のせいならいいんですが^^;


こいつこんなキャラだったっけ?

ってのが頭に張り付いちゃって・・・^^;




てか、このゲーム攻略可能キャラって誰?w











まさか全部!?大変ス・・・(´・ω・`)

でも、僕、全部やるよ。

遙EDの後、ちょちょい、っと選択肢を変えて
EDを4つ見ました。

遙BADエンドとかもあるのかな。

まぁ、そんなことを思いつつ、昼までまたーり。



んで、なんか知らないけど急に
テンション低迷。

たまにあるよね・・・
意味も無くテンションが下がること。


何をどうしてもネガティブになる。

俺にもそんな時はあります。
それ以外は大体、無駄にテンション高いんですがねw

まぁ、なんだかんだで結局


悩むのは俺に合わない

という結論に至りました。
悩むのは後でいいや、まだ悩むことはない。

あぁ、適当な正確でよかった。

今日はぶっちゃけこれだけなんで
これで今日の日記は終わり・・・なんですが、
これじゃちょっと短いっすよね?

という訳で今日は今更ながらに
俺という人物の紹介をしてみたいと思います。

自己紹介

名前:じゅうみつる(みつる)

適当に決めた名前が固着しました^^;
他の名前候補だと「ケイちゃん」ってのがありました(笑)
これは本名の方から捩って。

年齢:18歳

1986年8月28日生まれ。
または昭和61年生まれ。
小数点3.14の最後の世代(笑)
R18だろうが何だろうがもう堂々と買える。
18歳とかあまり嬉しくないし。
もうすぐ20だよ?!ありえなくね?

性別:♂

というか、もし僕が女に見える人は相当眼が悪いと思われるので
眼科へ行くことを進めます( ^,_ゝ^)にこっ
まぁ、いまさら性別なんてどうでもいいよ。

血液型:BLOOD TYPE=A

A型です。
一般的なA型、ってのに納得出来たり出来なかったり。
友達にはB型、O型がやたら多い。
みんなコメントで血液型教えて(・∀・)

身長:たしか168cm
体重:たしか58kg
握力:右50kg
   左38kg
視力:テラヤバス。
靴のサイズ:27.5(ちょい大きめ)

なんとなく書いてみた

好きなもの:メイドさん、甘いもの全般、辛いもの全般、
同人、PCゲーム、ギャルゲー、雑誌、漫画、アニメ、
カプセルフィギア(一つ200円まで)、
萌えるもの全般。

メイドさんは存在だけでも素晴らしい。
どうしてこうも美しい存在が誕生したのか、
ちなみに、日本メイドの歴史は明治時代かららしい。
ここをクリック↓

日本、メイドの歴史

猫耳メイドの歴史

凄いだろ!?
猫耳メイド、ってのは日本で生まれたんじゃないんだぜ?!
しかもかなり前の時代に誕生した、と。
夢が広がリング!!

あと分かってるとは思うけど
メイド服にも色々あるんです。こんな感じ

某辞書から説明を持ってきた。
メイド好きは見ておけ。



メイド 人種

階級『マスター』の必須ステータス。所有メイドの性能によっては、世界をも手に入れることができる。
メイド自身の人権は基本的にマスター次第。
現在のメイドの起源は、ヴィクトリア朝時代(1837~1901)のイギリスの上流階級(ジェントリ)が雇用した上流家事使用人文化と、それが中流階級に広まった中流家事使用人文化が混合されたものである。
ジェントリのメイドには厳しい序列があり、クラス制度(ファースト、セカンドに分けられる)が設けられていた。そして、全うする家事の種類によりメイドの名称も違い、10種類以上のメイドが存在した。中には、客の目を惹くように華やかな飾りような『客間女中(Parlour Maid)』もいる。そんな沢山の女性に囲まれた状況から、ジェントリとメイドの禁じられたロマンスが書かれた物語が多く生まれた。
そして、中流階級のメイドは『雑役女中(Maid of Allworks)』と呼ばれる、家事一切を総てこなす汎用性の高いメイドが各世帯に一人、もしくは少数雇われており、早朝から深夜まで多種多様な家事の激務に健気に耐えていた。
この各階級の2つのメイドが現在のメイドのイメージにごちゃ混ぜに取り込まれているのであろう。
そんな現在のメイドの状況であるが、それは過去よりもっと複雑化しており、マスターの身を守るために戦闘力に特化した『戦闘メイド( Battle Maid)』なるものまで存在する。
もうこれは一種の神格化であり、あえて言おう──メイドとは『献身』という言葉を具現化した聖女たちであると。
ちなみに、メイドとメイド服は対を為すものであり、メイド服未着用のメイドはメイドとは認められない。割烹着を着たメイドもいるにはいるが、それは数少ない特例である。
李 荒宗氏

メイ度  用語

メイドの魅力を表す謎の多い単位。
一説には、メイ度 = 適性 + 萌え値で表されるようだ。
オンラインショッピングのメイド衣装専門店などで流用されていたりする。
『メイ度診断』なるものが存在し、それで調べることができる。
李 荒宗氏

メイドさん  人種

まず言っておかなければならないことは、『メイド』と『メイドさん』は、まったく次元の違う事柄だということだ。
そのどこに差異があるかといえば、単純に『さん』にある。
『さん』とは、日本語の接尾語にあたり、親しみをこめて呼びたい人や物の名前の後につける敬称のようなものである。
つまり、『メイド』に『さん』をつけることは、日本特有の文化というわけである。
これは驚くべきことである。18~19世紀のドイツでは、プロイセン王国奉公人令によって、メイドは労働者階級以下の存在であり、マスターによって生殺与奪権を握られた奴隷のような者だったのだ。
そんなメイドに、この日本では、あろうことか、さん付けをするのである。特異性は明らかだ。
その所以は、日本のメイドさんと海外のメイドは大きな隔たりがあることにある
日本のメイドの歴史は、明治時代から始まる。西洋文化が流入し、それが上流階級の人間にとってはステータスと思われるようになり、華族や皇族はこぞって西洋文化を生活に取り入れようとした。
それに伴い、使用人も西洋文化で主を持て成す技能を迎合するに至ったのだ。そんな中で、東京女給学院などの国内のメイド学校で、日本の女給がメイドとして育成された。それが日本のメイドさんの始まりである。
そのように、莫大な手間とお金をかけ、家事や料理をはじめ、語学、音楽など多くの特殊技能を修得したトップクラスのメイドは、中流階級の人間などから見れば、欲してやまないものだっただろう。
戦後、収入格差がなくなり、メイドを雇用できる上流階級が減少するにいたり、メイドが絶滅を危惧されるほど少数になる。
だが現代、少数こそが稀少価値があると、一部の漢たちが気づく。
それは都市伝説のようなものだ。普段、いや、もしや一生お目にかかれないメイドという存在が、漢たちに様々な妄想をさせていき、広がっていく。明治のメイドのハイエンドな印象と、主に対する絶対的な奉仕という崇高さが、宗教でいう聖母マリア信仰にも似た感覚を、現代の漢たちに抱かせた。
ゆえに、漢はメイドに『さん』をつけてしまう。愛ゆえに。
メイドは、日本の漢たちにとっては、神と同義なのだ。
李 荒宗氏

メイドロボ 珪素生物

いつか漢が開発しなければならない、神の創造の域さえ越えた人類のベストパートナー。
1997年5月23日金曜日にLeafから発売されたPCゲーム『トゥハート』より、来栖川エレクトロニクス制作の試験型メイドロボ『HMX-12・マルチ』との恋愛シュミュレーションがネットで爆発的な人気を得て、一躍、メイドロボという定義が定着する。
メイドロボの起源は以外と古く、1957年にはアメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインがSF小説『夏への扉』に文化女中器と呼ばれるメイドロボの雛形を登場させていた。
そして戦後日本ではアニメーションの発展に伴い、「現在の科学の推移を集めて可能なかぎり人間に近いロボットを作ろう」という漢たちの強固な意思により、アトムを初めとする『心』の概念を持つロボットたちが次々と生み出される。その最終形態が現在のメイドロボに落ち着いたようだ。
基本スペックは、『アンテナ』『心』、『少女の容姿』、『せつなさ』、『行為できる機能』であり、基本動作がとろくてドジでもユーザーからは愛される。
でも、サテライトサービス搭載のハイエンドメイドロボ『HM-13型・セリオ』のように、機能重視で心の概念が薄くても、それはそれでユーザーからは大歓迎される。
ちなみにどのメイドロボにも、『序所に心が生まれていく機能』と『失った記憶を取り戻すことができる機能』というブラックボックスをどこかに持っているようだ。
今現在、メイドロボ開発の熱き信念を持った漢たちによってもたらされる「しっかし、すげえよなぁ。技術の進歩って奴は」と、のほほんと呟ける時代が来ることを世界で望まれている。


メイドロボまだー!?ハァハァ・・。

他の好きなものの理由とか説明は、
いちいち書くのメンドクサス。

好物:お菓子。。
好きな色:赤、黒、白。

黒って最近はオタクカラーらしいですね。
いや、だからなんだって感じだけど。

嫌いなもの:蛾、行動の醜い人間。

はっきり言おう。
俺は「蛾」という生き物が

この世で一番嫌いです

正直、ゴキブリの方が好きだ。
こいつだけは一生掛かっても苦手克服は出来ない。
何でそんな嫌いかって?
知らないよ。物心付いた頃からこいつだけはダメなんだ。
こいつのでっかいのとかマジで恐ス(・ω・;)

顔に止まられたらかなり本気で叫ぶ可能性高い。
下手したら失神。


嫌いな食べ物:いちごチョコ。

甘いものの中で唯一の例外。
昔、いちごポッキーを食べた後、強烈な吐き気を伴う腹痛に3日間悩まされた。
もう絶対食べる気はしない。

愛読書:電撃G'S、他電撃雑誌、ジャンプ、アルカディア。
では最後に、

俺と言う人間:
基本的に何でも適当だったりまじめだったり。
普段からテンションゲージが溜まりっぱなし。
徹夜してなくても鉄やしてる人のテンション。
熱しやすく冷めにくい。
大抵のことは「まぁ、いいか」で済ませられる。
スーパーキャンセルに対応している。
それで後悔することも多い。
努力は好きだがあまりしない。
人見知りはしない、友達とは何ぞや・・・?
俺曰く、「1度話せば友達で共に飯を食ったり遊んだりしたら友達で」
俺が「兄」と呼ぶ人は尊敬の対象。
理由は絶対言わないけどなー。
隠し事はしない、というか、隠すことが無い。
自分に正直に生きなきゃ嘘だ・・・ッ!
基本的に多弁だが同じテンションでもしゃべってる時と無口な時がある。
同じ気分でも
表面で熱く燃える時もあれば、内部で密かに燃える時がある。
まぁ、普段はうるさいくらいかも。
自分の好きな分野においては無駄とも思える集中力を発揮。
自惚れだが「何でもやれば出来る」と思ってる。
カラオケでは何でも歌う。

なんか自分で書いても要点が掴めないな。


とまぁ、こんな感じかと。

今日はこんなもんでいとふゆ。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みつる

  • Author:みつる

  • スペック。
    名前→みつる
    年齢→21ちゃい。
    身長→たしか168くらい?
    体重→順調にやせていっています
    血液→A型。すげーOとかだと疑われる
    視力→悪い。
    外見→パンピー^^^^^^
    趣味→音楽鑑賞、妄想。

    質問などはこちらへ↓
    jyuumituruあっとhotmail.co.jp

    アーケードに興味なくなってきたんで
    適当にこっちはダラダラと駄文を垂れ流し。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。